SNS広告は競合調査からはじめよう

SNSの取り組みの差がボディブローのように効いてくる

競合他社がInstagramやFacebookなどでどんな集客をしているかを知ることは、すごく重要です。

ソーシャルメディアはコミュニケーションツールですが、同時に受動的に興味がある情報を取得できるのが特徴です。

積極的にソーシャルメディアに取り組んでいる会社は、フォロワーが増える度に興味関心が高いフォロワーに情報に配信し続けることができます。一方ソーシャルメディアを活用していない企業は、見込み顧客へ手軽に情報を届けることが難しくなります。

さらにSNSに取り組むと、ソーシャルメディア側からも評価が高くなるため、見込み客から発見されやすくなり、この差がボディブローのようにじわじわと響いて気づいた時には差が縮めることが難しいほど差がついていきます。

そういう意味でもInsagramを含むソーシャルメディアは、最も重要なマーケティングチャネルのひとつとして取り組むべきです。

たくさんの人がたくさんの時間をSNSに費やしている。それが取り組む一番の理由

SNSに取り組む理由。それは多くの人が多くの時間をソーシャルメディアの画面を見て過ごしているからるからに他なりません。

多くの人がソーシャルメディアで買い物をしたり、購読したり、会話をしたり、ブランドを調べたり、多くの時間を利用しているため、広告媒体として、他の広告よりも接触機会よりも遥かに高い効果が見込めます。

潜在的な顧客とのコミュニケーションを始め、関係を継続したいと考えているのであれば、FacebookやInstagramでの投稿や広告は欠かせません。

では、どこから始めればいいのでしょうか?

競合を分析し、真似るところからスタートさせる

まずは競合を分析し、真似る所から始めることが最初のスタートです。

特にまだInstagram等のフォロワーが少ない状態の場合は、
配信しても効果が得られずに疲弊し、いずれ運用をやめてしまう原因になりかねません。

まずはフォロワーを増やすためにも知ってもらうことが重要であり、
その近道として他社の広告を分析から開始するのがおすすめです。

競合他社のSNS広告を分析する理由

競合他社のFacebookやInstagramの広告を調査するのは、次のような理由からです。

業界のトレンドを知る

競合が何をしているかを洞察することで、トレンドを知り試行錯誤で時間を無駄にすることを避けることができます。
特に商圏エリアを代表する競合企業の分析をするところから始めましょう。

御社が追い抜こうとしている企業は、学習段階を過ぎて、
成果の高い広告を配信している可能性が高いです。
何が効果的かを見極め、それを自分の広告運用に導入するのです。

正しいターゲティングを設定にする

あなたがFacebookを利用していて、競合他社の広告が出るということは、その競合企業が見込み客に対してしっかりと広告を配信していることに他なりません。
その企業を逆にしっかりと分析することで利用するのです。

時間の節約

他社がどのような広告で、顧客を獲得し、投資しているかを知ることで自社の検討の時間を節約することができます。

クリエイティブな広告の世界では世の中にない価値観を創出するものも確かに存在します。

しかしそれらはごく一部の成功事例にすぎず、ほとんどの場合は成功する定石に合わせた形が存在ます。

0から考えるのではなく成功事例を元にすることで1もしくは2や3という地点からスタートすることで、時間の節約を行うことが可能です。そこまで到達していよいよ自社オリジナルの展開が待っています。

費用の節約

市場調査のために弊社を含めた専門家をに依頼するのは、費用がかかってしまいます。

まずは自社できるところから初めてられることで、提案を受ける前に業界の動向や自社での方向性も見えてくるかと思います。

最終的には、広告の効果をホームページのアクセス状況などから検証する必要があるため、広告費を無駄にしないためには、広告の運用は弊社のような専門の会社に相談頂くのが望ましいと考えます。

競合他社の分析方法について

競合他社の分析方法につきましては、無料で別途ご案内をさせていただいております。

どれも無料から自社で始められるテクニックのご案内となりますので、ご興味がある方は是非お問い合わせくださいませ。