インターネット広告

認知かクリックかコンバージョンか。目的にあった広告を。

Google, Yahoo!, Instagram, Facebook, Twitter, LINE, TikTok, YouTube, Amazon, リスティング広告、ディスプレイ広告、動画広告……

インターネット広告と言っても、各プラットフォーマが凌ぎを削り、自社のサービスにあった様々な広告サービスを展開しています。

それぞれに目的にあった特徴があり、目新しいから、流行っているからという理由だけで媒体を選んでしまうと思った効果を上げることができません。 まずは「広く伝える目的」が何なのかを明確にし、目的とターゲットにあったプランニングをいたします。

ホームページ次第では営業の機会すら与えられない時代

現代のビジネスにおいて情報収集と比較検討はほぼインターネットで完結しており、営業の機会すら与えられていないケースがある。

新型コロナウィルスの感染拡大の影響もあり、インターネットの活用方法が短期間で飛躍的に進化しました。直接接触できない営業の方法も過渡期であると言えます。

これまでは、顧客側が複数の会社に問い合わせをしたり、顔馴染みの営業から説明を受けながら検討を行っていましたが、今では顧客側がインターネットで予備知識を得ながら候補企業を絞り込むため、ホームページ次第では、候補にも残れずに営業の機会すら与えられないという時代になっています。

インターネット広告を活用する理由

検索に当たらないという現実。今すぐ集客が必要という即効性。

どれだけ素晴らしいホームページが出来上がったとしても訪問してもらえれば意味がありません。
しかし問題を抱えている多くのホームページは検索にも当たらずアクセス乏しいという現実があります。

ホームページの成約率は数%…そもそもアクセスが無ければ効果を実感することもできません。

さらに、キーワード検索で上位に表示されているホームページは、ずっと前からWEBの対策に取り組んできたライバル企業ということになります。既にライバル企業に見込み客を取られ続けるという構図が出来上がっているのです。急いで検索対策(SEO)を行ったとしても、短時間で長年の蓄積の差を埋めることは容易ではありません。そのために即効性のある対策としてインターネット広告での集客が必要なのです。

目的に応じたインターネット広告媒体を選ぶ

認知、クリック、コンバージョン(お問い合わせなど)の何を目的とするからスタート

一言でインターネット広告と言っても様々な広告媒体があり、それぞれ特性も違います。
共通しているのは、それぞれのプラットフォーマーが持っているビックデータを駆使して細かい広告ターゲティングができること。
広告を配信していく中で、広告パフォーマンスが上がるように最適化が行われる点が、これまでのマス媒体の広告との大きな違いです。
まずは「認知」「クリック」「コンバージョン(お問い合わせや購入)」など広告の検討に至った理由をもとに根底にある課題を共有し、課題を解決のための最適な広告プランニングを致します。

また、広告するのと同じくらい大切なのがクリックした先のページの品質です。
インターネット広告の成果が出なかった一番の理由は広告よりもむしろクリックした先のページの要素が大きいです。
両方の側面から検討してご提案いたしますのでどうぞご相談ください。

代表的な広告・手法
SHIN株式会社で出稿代行している広告媒体
  • YouTube広告
  • Facebook広告
  • Instagram広告
  • Twitter広告
  • Googleバナー広告
  • Googleリスティング広告(検索広告)
  • Yahoo!ディスプレイ広告
  • Googleバナー広告
  • Yahoo!リスティング広告(検索広告)

インターネット広告熊本県配信実績資料ダウンロード

弊社で配信したインターネット広告の出稿単価や視聴率などの実績レポート・料金などをご紹介します。ダウンロードはこちら