SEO対策にはタイトルの付け方がさらに重要

GoogleがSEO(検索エンジン最適化)で重視する要素の一つがTitleであり、Googleはページの内容からTitleを生成する機能を導入しています。

そのアルゴリズムに変更があったようで、よりtitleタグを重視するようになりました。

タイトルタグの使用率が80%から87%へ

これまではGoogleの検索結果に表示されるタイトルの表示を80%の割合でTitleタグを使用していると述べていますが、
アルゴリズムの変更で87%の割合でタイトルの要素が利用されるように引き上げるという発表がありました。

つまりTitleに入っているキーワードがより重要視されることになります。

そもそも、なぜこのような自動的にタイトルが生成されるような仕組みになったのでしょうか。

重要なのに軽視されているタイトル付けを改善する目的で自動化が導入された

タイトル要素がページを十分に説明していないとシステムが判断した場合に、
タイトル要素以外のテキストから最適なタイトルを生成させて検索結果に表示するためであり、
制作者がタイトルに気づいていない問題を補うために導入されているそうです。

自社ホームページの検索結果がどのように表示がされているか見てみたことはありますか?

自社サイトの検索結果を見るのが一目瞭然

ホームページによってはタイトルを重視せず、SEOを考慮しないタイトルがつけられていたり、
逆にSEOを意識し、キーワードを無理に詰め込んで肝心の内容がページに入っていないタイトルを設定したり、
Google検索に評価されにくいホームページの作りもあります。

Google曰く、ページを検索にヒットさせたい場合は、
優れたHTMLタイトル要素を作ることに集中するよう促しています。

それらは圧倒的にGoogleが評価するからです。

ただしタイトルだけつけても肝心のページ内にその内容が入っていない場合は意味がありません。

肝心なのはそのページをみている人に何を伝えたいかで、
その内容でページを構成していれば自ずとタイトルも最適化されていくはずです。

自社の検索結果がどのように表示されているかは、
一覧で表示することができますのでご希望の際はお問い合わせください。

Googleに自動でタイトルが書き換えられている場合は、
そのタイトルに合わせて内容を強化するのか、タイトルが書き換えられないよう中身を精査するのか。

いずれにせよ、タイトルを意識すると、SEOの効果が上がるのは間違えありませんね。