fbpx

ビジネスで使える 商用利用可能な生成AIで画像を作成します

近年、生成AI技術が急速に進化し、画像生成の分野でも実用的なレベルに達しています。
当社では、この革新的な技術を活用し、ビジネスに役立つ高品質な画像を生成しています。

本ブログで紹介している画像の一部は、AI画像生成サービスの「Midjourney」を使用して作成しています。Midjourneyは高品質な画像を生成できる人気のツールで、多くのクリエイターに利用されています。

生成AIが切り開く新しい可能性

近年、生成AIは目覚ましい進化を遂げ、様々な分野で実用化が進んでいます。

画像生成においても、2022年に画像生成AI「Stable Diffusion」の公開を皮切りに、高品質で現実味のある画像を安価に生成できるようになりました。

AI画像生成のメリット

1. 高品質な画像を低コストで生成

生成AIを使えば、イメージカットであればプロのカメラマン、モデル、スタイリストを雇う必要がなくなります。
従来、高品質なイメージカットを作成するには数十万円の費用がかかりましたが、生成AIなら10分の1以下のコストで同等の画像を生成できます。

2. オリジナリティの確保

ホームページで使われるフリー素材は限られており、インターネット上でよく見る同じモデルが使い回されていることが多くあります。こういう写真を使用すると差別化が難しいのが現状です。
生成AIを使えば、完全にオリジナルの画像を作ることができ、一流モデル並みの画像で他社との差別化を図れます。

3. 社員の入れ替わりに強い

従来、社員の写真を使ったイメージカットはよくありますが、社員が退職すると使えなくなるリスクがありました。
またカメラマンにお願いすると費用も高く、その社員も辞めないとは限りません。

社員をモデルにするのは常にリスクを伴います。
生成AIで作成した画像なら、そのような問題は起きません。

4. ハイクオリティなイラストも低コストで制作可能

手書きのイラストの制作は非常にコストがかかり現実的に大手企業でなければオリジナルのイラストを起こすのはコスト的に無理を生じますが、生成AIを使えば安価に高品質なイラストを生成できます。
バナーやホームページのメインビジュアルなど、オリジナリティの高いデザインが可能になります。

生成AIでは難しい画像について

メリットをご紹介しましたが、もちろんまだできないことも理解する必要があります。

  • 特定の場所(結婚式場、イベント会場など)を指定した写真は生成できません。
  • 制服など、服が限定される場合は加工が必要で、安価には生成できません。
  • 複雑な構図の画像は生成が難しい場合があります。
  • 生成されたモデルから写真を派生させることはできますが、完全に同一の写真を作ることはまだ難しいです。(多少似ているのパターンは生成できます)

生成AIの分野ではまだルールが整備途上にあり、商用利用の際に国によっては生成AIの記述を入れる必要があるなど、今後ルールが変更される可能性もあります。
これらの制約を理解した上で、当社では高品質で低価格な画像生成を実現しています。

生成実績キャンペーンでお安く生成しますので、ビジネスでの画像活用にご興味がある方は、ぜひご相談ください。(その際は参考画像をご準備いただけるとよりイメージに近い画像を生成できます)

Midjourneyの著作権と商用利用に関する重要な注意事項

Midjourneyを使用して生成された画像の著作権と商用利用については、以下の点に注意が必要です:

1. 所有権と商用利用

Midjourneyはユーザーに、入力したプロンプトおよび生成された画像の所有権を認めています。商用利用についても(条件がありますが)認められています。
同時にMidjourneyは、すべてのプロンプトと生成画像を利用する権利も有しているため、ユーザーがその利用を独占できるわけでは有りません。

また、生成物を使用するすべての責任はユーザーに課せられており、いかなる損害に対してもMidjourneyは責任を負いません。

2. 使用の制限

商標や著作権を侵害する画像、わいせつ物や残酷描写の画像生成は禁止されています。
また、生成物の出どころを故意に隠すことも禁止されています。

3. 著作権

AI生成物の著作権に関して、2024年現在、日本には明確な法律が存在しません。アメリカでは著作権を管理する著作権局がAI生成物の著作権を認めておらず、連邦地裁でもAI生成物の著作権保護を認めない判決が出されています。

このように生成AIの広がりに対して法整備が追いついていない状況であり、今後どのように法的に扱われるかは不透明であることに留意が必要です。

また、上述の通り著作権を侵害する画像の生成は禁止されていますが、意図せず著作物に酷似した画像が生成されることがあるため、生成物を使用する際には十分な注意が必要です。


このように、Midjourneyをはじめとする生成AI技術は、ビジネスにおいて多くのメリットをもたらす一方で、著作権や商用利用に関する注意が必要です。

著作権や使用権に関する疑問や懸念がある場合は、最新の利用規約を確認するか、法律の専門家に相談することを強くお勧めします。

参考
WEB・ITなんでも相談会

こちらから個別相談の事前予約が可能です

※予約優先となります。空きがございます場合は予約がなくても対応できます。