無料で簡単!Googleフォームの作り方

ホームページを制作するにあたり、お問い合わせフォームの制作はほぼ必須ですが、ホームページ運用で新たなフォームが必要になった場合、必ずしもホームページ制作会社に依頼する必要はありません。

今では Googleフォームという無料のフォーム機能があり、こちらを利用すれば簡単なフォームはご自身でも準備が可能です。さらに送信されたデータはGoogleのスプレッドシートに保存するなど機能も充実しています。無料で十分に活用できますので、Googleフォームの制作方法をご紹介いたします。

Googleフォームとは

GoogleフォームはGoogleの無料ツール(Google Workspace)の一部です。使い方は簡単で、フォームで送信されたデータを収集し、それを自動的にスプレッドシートに保存することができます。

Googleフォームは、Googleスプレッドシートの機能として誕生し、今では独立した機能として提供されています。

Googleフォームの作り方

Googleフォームは、Googleスプレッドシートの機能になりますので、まずGoogleスプレッドシートを新規で作成します。


ツールから「新しいフォームを作成」を選ぶと新規のGoogleフォームが立ち上がります。
この時すでにGoogleスプレッドシートと連携しています。

標準的なテキストの入力や、ドラッグ&ドロップによる順番の変更、写真やカラーテーマのカスタマイズ、回答をフォームで集めたり、Google Sheetsのスプレッドシートに保存したりすることが可能です。

Googleフォームにはテキスト、ラジオボタン、チェックボックス他、ファイルアップロードや日付の登録など追加することができます。

各フィールドには、そのフィールドを複製するボタンがあり、同じような質問をフォームに簡単に追加することができます。また、右側には削除ボタン、フィールドを必須にするオプション、追加オプションのメニューも用意されています。

Googleフォームの入力項目

質問

このフィールドは、名前、メールアドレス、などのテキストを入力させるのに最適です。質問に答えるためのテキストは1行だけですが、実際にはユーザーが好きなだけテキストを入力することができます。必要な回答が得られるように、このフィールドには数値、テキスト、長さ、正規表現のデータ検証機能があり、入力規則で制限ができます。

段落

メールで言う本文の役割になる長文テキストのためのフィールドです。長さと正規表現がここで使用できる唯一のデータ検証ですので、詳細なフィードバックや回答に長いメモが必要な場合のみ、このフィールドを使用してください。

チェックボックス

多肢選択式としてユーザーが好きなだけ選択できるチェックボックスです。ユーザーに特定の数の選択肢を選択することができます。

プルダウン

チェックボックスと同じですが、登録した選択肢の中から一つ選ぶことができます。

均等目安

0、1、2~10まで設定でき、最小値と最大値をラベルで表示できます。また、絵文字をラベルとして使用することもできます。

グリッド

これはあまり一般的ではありませんが、このような表形式のアンケートも簡単に登録できます。基本的に、質問を行として追加し、それらに関するオプションを列として追加します。

日付/時間

日付イベントのスケジュールや特定の日付や時刻を尋ねる場合に利用します。日付と月、そしてオプションで年と時刻を尋ねることができます。

ファイルのアップロード

画像をアップロードしたり、リンクやGoogle Driveから画像を挿入したりすることができます。また、受け付けるファイル形式も選択できるためPDFなどの安全なファイルのみ許可する受付もできます。この機能を有効にすると、Google Driveを経由しますので入力側がGoogleのログインを求められます。

Googleフォームの回答をスプレッドシートに保存

フォームを制作したら、このフォームにアクセスできるURLを取得することができます。フォームで情報が送信されると、情報はGoogleフォームを経由してスプレッドシートに保存されます。各回答は [回答] タブに保存され、表形式で保存することができるので、CSVへの書き出しやシステム連携などもすることができます。


Googleフォームからも登録されたフォームの内容を確認することもできます。

Googleフォームはマーケティングには不向き

いかがでしたでしょうか?簡単にフォームが制作できたと思います。
しかし、Googleフォームもメリットだけではありません。Google フォームは誰でも簡単に制作することができますが、マーケティングには不向きで、Google analyticsを活用したコンバージョン測定や流入もと分析など効果測定が難しいというデメリットもあります。

多くの場合はホームページからフォームへ誘導しますが、ホームページからGoogleフォームへ移動する際にサイト自体のURLが変わったり、Google フォーム自体には画面遷移がないため、コンバージョン設定が難しいと言う側面があり、分析や改善が重要になるマーケティング向けのフォームとして利用するには課題があります。

マーケティング目的でしっかり分析する場合はやはりGoogle フォームではなく、専用のフォームを作り、流入元やコンバージョン率が取れる状態で運用するのが望ましいでしょう。
Googleフォームの利用はマーケティング以外で分析や計測をする必要がない場合のご利用をおすすめします。

専用のお問い合わせフォームやコンバージョン計測などフォームを有効活用した対応が必要な場合はお問合せください。
私たちは熊本を拠点にホームページ制作やWEBマーケティングなどの事業を行なっています。