GoogleのAIがもたらす検索広告の革命

「AI」が世界を変えると言われ続けていますが、インターネット広告の世界ではすでに「Google」が広告運用にAIを活用し、ここ数年で明らかに進化を遂げています。

ディープランニング(機械学習)。

2014年にGoogleが人工知能開発会社DeepMind社を買収してから広告のAI化が飛躍的に進みました。

Google リスティング広告について

Googleの屋台骨を支えるインターネット広告事業

先日、巨大IT企業群GAFAM(Google,Apple,Facebook,Amazon,Microsoft)だけで日本全体の時価総額を超えたいうニュースが話題になりました。

その大企業の一角であるGoogleの収益を支えるのが「インターネット広告事業」であり、この大企業の約9割がGoogle広告による売上で、広告事業の初期から安定的な収益源になっているのが「Google リスティング広告」=いわゆる検索広告です。

Googleの検索結果に表示されるのがリスティング広告

Googleリスティング広告とは、検索広告とも呼ばれ、Googleの検索結果の上部に「広告枠」が設けられています。

広告主は自分のターゲットにあった「キーワード」を選定し、Google リスティング広告に設定することで、検索結果に広告として表示することができます。

この「自社にあったキーワードを自動で最適化」し提案してくれる業務などを行っているのがGoogleのAIです。

AIが導入される以前では、検索キーワードを何千もGoogleに登録し、人間がその大量の情報を管理するという時代がありました。

もちろん管理にはものすごいコストと時間がかかる上、到底管理できる情報量ではありません。
AIがこのエリアで人間の作業を補完することになっていきました。

圧倒的な情報量で進化するGoogleの機械学習(AI)

人間では到底不可能な情報量を学習するディープラーニング

2017年に碁(ご)を機械学習した「アルファ碁(ご)」が中国囲碁界で最強と呼ばれていたチャンピオンに全勝するという衝撃的なニュースがありました。

このアルファ碁(ご)は、何千局もの対局データをAIに読み込ませ、さらにその先には、自分自身と対局して学習を続ける手法で膨大な量のデータを処理し、もはや人間が到底勝てないレベルにまで高みまで精度をあげました。

機械学習(AI)は、とにかく大量の情報を与え学習させることで正確性が高めていきます。

ほぼ全てのウェブサイトのデータを掌握するGoogleがAI学習の基盤に

Googleは世界にあるウェブサイトのほぼ全てを掌握していると言っても過言ではありません。

多くのホームページには、Google Analyticsというホームページ解析のツールが仕込まれています。これは、どのキーワードでホームページを訪問し、そのユーザーがどのページにどれくらい滞在したか細かく分析できるホームページのアクセス解析ツールです。

(Google Analyticsを設置していないホームページもありますが、その場合はほぼ放置状態で運用しているホームページが多いです。弊社でホームページを制作する場合にはほぼ導入しています。)

Googleは世界一の検索サイトから収集される検索データと、Google Analyticsによるホームページの訪問情報の両方を掌握しています。

圧倒的な情報量を収集し、人間では分析不可能なレベルの情報をAIに学習させて自らの広告サービスにフィードバックする。まさにGoogleにしかなし得ない仕組みです。

検索広告は、見た目自体は変わらずとも裏側では恐るべき進化を遂げているのです。

検索広告のスタートは、シミュレーションから

実際に、Googleリスティング広告を導入する際には、シミュレーションからスタートします。

御社のホームページのURLまたは、ホームページに訪問してほしいキーワードをいくつかピックアップすることで、AIを活用したキーワードの提案を行います。

Googleリスティング広告は入札制によるクリック課金のため、キーワードや競合入札の状況などによりクリック単価が変わる仕組みになっています。

シミュレーションでは、クリック単価や月に検索される回数などが表示されます
(検索数が少ないキーワードはシミュレーションできない場合もあります)

エリアを絞り込むことも可能ですので「熊本で検索している人」などに絞り込むことも可能です。

シミュレーションのご依頼は無料で行っておりますのでご希望の方はお問い合わせください。

費用対効果の面からまずはリスティング広告からの広告予算投下がおすすめ

Youtube広告,Googleバナー広告、Facebook広告,Instagram広告などインターネット広告も様々な種類がございますが、Google リスティング広告は最もターゲットに近い広告と言えます。

広告とは「ターゲットの目に触れさせる」ものですが、リスティング広告はすでにターゲットが検索している状況からスタートするため、他の広告媒体に比べて圧倒的にターゲットに近く、結果につながりやすいのです。

結果につながるため、競合他社との広告枠の取り合いになりますが、
その他の広告媒体費用と天秤にかけた場合に費用対効果が高い広告媒体はどれかということになります。

リスティング広告は他の広告媒体に比べてクリエイティブな要素がないため、広告としての派手さはありませんが、限られた広告予算の中から媒体を選出する際には、まずはリスティング広告で広告予算を使い、余った広告費でそのほかの広告媒体を運用するのが望ましいかと考えます。

注意すべきはクリックた先のホームページのクオリティ

リスティング広告をしたけれども、結果に繋がらなかったいうこともあるかと思います。

リスティング広告はあくまでも「ホームページに来る前」の対策のため、「ホームページに来てから」の対策は全くの別物です。

クリックした先のホームページがいまいちだと、せっかく広告費を使っても十分は効果が得られない場合がございます。

そのため、クリックした先のページの制作と広告の管理はセットであることが望ましい対策になります。

弊社ではGoogleリスティング広告を含めた全体的な広告提案からクリックした先のランディングページの提案・制作も行っておりますので、是非お気軽にご相談くださいませ。