モバイル版Google検索結果に連続スクロール機能を搭載

米Googleは、10月14日にGoogleモバイルの検索結果ページに連続スクロール機能を導入したという発表がありました。

検索結果の連続スクロールで検索順位の低いサイトにも恩恵が!?

この変更により、これまで検索結果に10件しか表示されませんでしたが、スクロール機能を導入することで、検索結果の閲覧をよりシームレスで直感的なものにしています。モバイル端末では、検索結果ページの下部に到達すると、関連情報を含む次の検索結果が自動的に表示されるようになるそうです。

出典:Google.com

多くの場合は、1ページ目で検索を終えることが多く、次のページにいく前にキーワードを変えたりと、
検索結果の下位にある場合は訪問させることが難しくなります。

しかし、検索結果の表示がシームレスになることで、検索し直すよりも検索を続けることが増えることが想定され、
検索の下部に表示されているサイトへの訪問が増えることも期待されています。

検索の1ページ目に表示させるのは難しいので、小規模サイトにとっては朗報ですね。

Googleリスティング広告を紛れ込ませるのが本当の狙い!?

今回の連続スクロールで、Googleが自動的に次のページを読み込む際には、次のページの検索結果の前にリスティング広告を貼り付けるそうです。
Googleの狙いはここにあるのかもしれませんね。

今までの検索広告は、検索結果の上か下かに表示されるために、
慣れている人は、広告エリアを避けて目的に応じたページをクリックしますが、
検索結果と広告エリアの境目までこれまでより
シームレスになるので広告主のサイトに誘導させるのかもしれませんね。

ちなみに今のところ米国のモバイル端末でのほとんどの英語検索で、
徐々に展開されていますので、日本もそのうち変更になるかと思います。