LINE公式アカウントをお試し運用する最後のチャンス!?

2023年6月の料金改定でフリープランが200通のメッセージ配信までに

LINE公式アカウントの料金改定のお知らせがあり、2023年6月から料金プランが大きく変わります。
一言で言うと料金内で送れるメッセージ数が縮小され、特にこれまで無料で使用していた方には手痛い料金改定となりました。


引用:【重要】LINE公式アカウント 料金プラン改定及び日割り廃止のお知らせ

もともとの料金体系は、無料で1000通までメッセージが送れるフリープラン、5,000円で1万5000通まで送れるライトプラン、15,000円で4万5000通まで送れるスタンダードプランがありましたが、これが2023年6月から0円のフリープランの名称がコミュニケーションプランというものに変わり、1ヶ月に200通しか送れないというになります。他のプランもメッセージ数が変更されています。

お試しアカウントが立ち上がりすぎて飽和してる状況である一方、サービス内容も充実してきたため優良なアカウントを育てていくフェーズに入ったということでしょう。

「とりあえずお試しで」という使い方ではすぐに無料の範囲を超えてしまいそうですが、無料プランで足りないほど活用ができるのであれば、月5000円の費用対効果は安いと言えるかもしれません。

基本的なLINE公式アカウントの活用方法は!?

LINE公式の最大の魅力は店舗が友だちに対して一斉にメーセージを配信できる機能です。
LINEという特徴を活かした開封率の高さや即時性は他のSNSやメルマガがマネをするのは難しく、届けたい情報を高い確率でターゲットに届けることができます。
LINEに登録している友だちは、すでに顧客か非常に興味が高い見込み客のため配信に対する反応も高い。

さらにオーディエンスや属性を絞り込んで配信できる機能や友だち追加日からの経過日数や設定した条件に応じて、複数のメッセージを自動で配信できるステップ配信機能など配信の効果を高める機能も充実しています。

LINEの特性上、頻繁に更新が必要なSNSとは違い頻繁に情報発信をせずとも、本当に伝えたい配信だけすれば良いので作業コストも少ないのが大きな魅力。(情報の薄い頻繁な配信はブロックに繋がるため)

課金はこの一人ひとりに配信されたメッセージ数がカウントされています。

登録者数が増えてくれば、配信数も増えるためプラン内に収まるかも気になるところですが、ターゲティングの機能をうまく活用し見込みの少ないフォロワーにはメッセージを送らずに配信数自体を削減することも可能です。

料金が上がる前に、お試しで運用するには最後の機会かも。
この期間中に効果実感できるなら6月以降に有料プランに切り替えるのもいいのではないでしょうか。

SHIN株式会社の導入のサポートやLINE広告の配信も行っておりますので、ご興味がある際はお問い合わせください。

カテゴリー: SNS運用